« か~わるんだ~かわるんだ~♪ | トップページ | ご愁傷様 »

2006年7月29日 (土)

ひどいらしい。

最近映画見てないなあなどと思い、いろいろなサイトを見ている内に見てみたくなった作品が出てきました。それは…

「ゲド戦記」

あの、スタジオジブリが宮崎駿監督のご子息の吾朗氏を監督に据えて、ファンタジーの気昨「ゲド戦記」を原作に満を持してお送りする、大スペクタクル!

実際見た人の感想を知りたいとレビューサイトなどを見てみると、これがまたすごい!なにしろ、ほめているレビューが一つも見つからない!

Yahoo!ムービーのレビューコーナーでも、酷評の嵐。ほとんどが5段階評価で1。何を思ったのか5を付けた人が、周りから、何を考えているんだ、無責任だとたたかれる始末。

曰く、「脚本がだめだめ」、「声優が何を言っているかわからない、字幕を付けてくれ。」、「日本人として、原作者に謝りたい」、「お願いだから、海外配給をやめてくれ」

うおお、すげえ、ココまで酷評されますか!あのスタジオジブリの優れたスタッフが周りを固めながら、どうすればそこまで、ひどい物が作れるのか?なんか、かえって興味がわいてきてしまいました。

どんなにひどいんだか、みてみてえ~~~

何しろ、あの酷評された「紅の豚」がジブリ作品では一番のお気に入りという、精神的にゆがんでいる店長ですので、かえって気に入っちゃったりしてな。

やっぱ、監督を世襲にしちゃいけないよな。

|

« か~わるんだ~かわるんだ~♪ | トップページ | ご愁傷様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひどいらしい。:

« か~わるんだ~かわるんだ~♪ | トップページ | ご愁傷様 »